カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:ストラトキャスター ( 9 ) タグの人気記事

Last Gigs

今年最後のスタジオはalfredoさんとのその名も「Last Gigs」

普段のストレスを爆音と共に放出するのだ。

しかーし、音量デカ過ぎか、セッティングミスかalfredoさんのギターからはノイズの嵐!

c0197979_20283261.jpg

ホワイトレス・ポールカスタムをかき鳴らすalfredo氏!(なぜ靴を脱いでる?)

私は最初マーシャルJC900を使っていたがギターとのマッチング悪し!

途中でジャズコーラスに変えたがなんかしっくりこない…。

かまわず弾きまくる私…。(alfredoさんに撮ってもらった記念写真?)
c0197979_20355010.jpg

alfredoさんは黙々と弾いていたが日頃のストレス発散となったのだろうか?

適当に弾いていても楽しいのだがやっぱりバンドの形で曲を決めてやるのがもっと楽しいはず。

もう1人一緒にやってくれる人がいればいいのだが…。

ここでメンバー募集!

一緒にやってくれる人大募集!初心者でも歓迎!(笑)

セッションを終え帰りにスターバックスに寄ってコーヒーブレイク。

c0197979_2042386.jpg

スターバックスは私にとって「ザ・東京」って感じ。

栃木にスターバックスは似合わない。(こりゃ失礼)

スターバックスはチョット高いので私は給料日後に自分へのご褒美として飲みに行く。

ちょっとした楽しみ、スターバックスも今年これが最後かな?

いろいろな「今年最後の…」が終わっていく。

いよいよ2009も終わりだ。
by soumei-a | 2009-12-28 20:48 | ギター&BAND

バンド練習納め

今日はバンド練習だった。

今日は今年最後の練習、練習納めとなる。

去年の年末頃に結成したバンドだから、これで一年は経ったことになる。

c0197979_21134.jpg


c0197979_2112547.jpg

今回の練習ではあまり出番がなかったが、先日購入したOD-1を初使用した。(奥にはリーダーS君の秘密兵器・サックスが転がっている…)
c0197979_2142294.jpg

今年このバンドはスローペースな一年だった。

ライブも結局できなかったが、ま、最初の内はこんなもんかな。

でも来年はもうちょっと練習回数を増やしたいな。(月1回程度じゃモチベーションの維持が難しい…)
by soumei-a | 2009-12-06 23:58 | ギター&BAND

即興ロッケンロール

今日はバンドの練習日。

今日からイーグルスの「デスペラード」とゲイリー・ムーアの「スパニッシュ・ギター」の2曲が新たに追加された。

2曲ともバラード、歌いまくりで弾きまくりで泣きまくりだった(笑)

初めて合わせたがなかなかの出来だった。

c0197979_21132173.jpg

今日はちょっとした珍事が。

私がデスペラードの切ない歌メロを、ちょっとおちゃらけ風に弾いたらみんなが勝手に合わせてきて『ノリノリ・ロッキン・デスペラード』の出来上がり。

上手いメンバーのバンドにいるとこういった楽しみもある。
by soumei-a | 2009-10-25 21:22 | ギター&BAND
今日は昼頃から久しぶりのバンドの練習。

10月にライブをやる予定だったがリーダーS君の転職が決まりそれに伴う予定の都合でできなくなってしまった。

まーライブなんていつでもできるし今は新しい仕事に早く慣れてほしいものだ。

スタジオでは壁に鏡があるところが多いが今日は視点を変えて鏡に映った練習風景をパチリ。

c0197979_26561.jpg

何年もスタジオで練習してきたが今までこの鏡をあまり気にしたことはなかった。

普段はみんな向かい合って黙々と引いていることが多いが、鏡を見ながら弾くとちょっとライブ映像みたいで楽しいことを発見した。

これってナルシスト?
by soumei-a | 2009-09-27 12:54 | ギター&BAND

焼肉BAND

夏休み初日はバンドの練習だった。

10月にライブをやることになったので演奏曲を重点的に練習した。


ストラトキャスターと。
c0197979_11484612.jpg


リズムセクション ♪
c0197979_11535750.jpg

練習後、私夏休み初日ということもありテンション高め。

焼肉を提案したが賛同者を得られず…。

苦肉の策で「俺のおごりで!」と言うと全員賛成に変わった…。

焼肉モードになってしまったので仕方がない。

c0197979_1233350.jpg

野菜も。
c0197979_1261036.jpg

会計時、男らしくバ~ンと現金とっぱらい。

みんな満足そうだったのでこれはこれで良かった。

「男は気前よくあれ!」これが親からの教えなのだ。

しかしキクさんがお情けで3割負担してくれた…。(助かりました!)
by soumei-a | 2009-08-08 20:43 | ギター&BAND

新ユニット結成

今日はalfredoさんのストレス解消企画の日。

普段家で小さな音でしか弾けないそうなのでスタジオで爆音で鳴らしましょうと誘ったのだ。

スタジオはいつもバンドの練習で使ってる場所をチョイス。

alfredoさんは最初大量に所有するギターやベースの内、6本(!)を持っていくつもりだったらしいが最終的にカジノとレスポールカスタムの2本に落ち着いた。

私も普段使わないレスポールスタンダードとストラトSRVを持ち込んだ。

エフェクターもなども持ち寄ってセッション。
c0197979_18274941.jpg

alfredoさんは久しぶりのスタジオらしく音量がやはり小さめ。

やはり本来の大音量を取り戻すにはリハビリ(?)が必要かも。

私もドラムを叩いたりレスポールをかき鳴らしたり普段できないことをやってスタジオを満喫。

2時間ほどだったがarfredoさんも楽しかったと言っていたのでよかった。

また行きましょう。
by soumei-a | 2009-05-02 18:38 | ギター&BAND

Burn

言わずと知れたディープ・パープルの最高傑作「Burn」。

これを初めて聞いた時の衝撃は今でも忘れられない。

ディープ・パープルはクラシックの要素を取り入れた最初のロックバンドと言われている。

エリック・クラプトンやジェフベックも「自分達こそが現在のへビーメタルの元祖だ。」と言ってはいるがヘビメタ・ハードロックに直結する本当の意味での元祖はパープル以外ありえない。

学生時代はディープ・パープルをほぼ全曲コピー、盟友S君と共にパープルの楽曲ベースに腕を磨いた。
c0197979_2392523.jpg

ディープ・パープルはこのアルバムからデジタル録音になる。

パープルは基本1発録り。

それまでのアルバムでは超ハイパワーのハモンドオルガンのせいで各楽器の音の分離が極端に悪い。

しかしこれがリッチーの非力なストラトサウンドとミックスされて極上のサウンドとなるわけだが「Burn」からは音の分離が良くなる。

デジタル録音が発展途上ということもあり、ストラトの「非力っぷり」のみが増長されて『ペケペケ』サウンドになってしまっている。(このアルバムで輝きを増したのはイアン・ペイスのドラム!)

楽曲は最高、ギターサウンドは最低という悲しい評価になってしまっている。
by soumei-a | 2009-04-10 03:03 | ミュージック

バンドの練習

「このバンドは音楽性が高い。」

プロも認めるテクニックと知識を有するバンドのリーダー・キーボードのS君の談話だからきっとそうなのだろう。

確かに学生時代からS君、K君(G&Vo)はレベルが非常に高かったし、加入してくれたA君(B)、Jちゃん(Dr)もうまい。

私もそんじょそこらのプロには負けない!(つもり…)

今のところ全員(私以外…)仕事等で忙しく練習も月1回が精一杯。

今日も約1ヵ月ぶりの練習だったがA君インフルエンザの為参加できず。(残念だったけど早く治してね。)

急遽ベースは曲によりK君と私で分担することにして練習スタート。

Dr・Jちゃん。性格はのほほん系。でもドラムは本物。
c0197979_23122925.jpg

G&Vo・K君。私と真逆を行くギタリスト。プレイは情熱的。
c0197979_2314728.jpg

Key・S君。この位置からバンドの監督・指揮をする。
c0197979_2318621.jpg

S君は基本的につまらなそう…でも本人は「めちゃ楽しい!」とは言っている…。楽しい雰囲気が表に出ない結構めんどくさい性格だ。

今練習している曲はコード進行や構成が複雑なものが多くなかなか難儀している。

でもS君もライブを計画中(?)だしある程度目標ができればサラッと完成できちゃう優れたバンドだろうと私は思っている。

今日は練習後、紆余曲折を経て今年就職したK君の就職祝いと3月が誕生日でそのお祝いも兼ねて飲み会も行った。

気の合う仲間でもあるバンドのメンバーとの楽しいひと時を終え家路についた。
by soumei-a | 2009-03-28 23:40 | ギター&BAND
学生時代後半にメインで使っていたストラト。

フェンダーUSAのスタンダード。

メイプル指板が弾きたくて購入した。

もともとストラトキャスターはメイプル指板のギターだったが塗装がはがれて汚れが目立つという理由からその後ローズウッドなどの指板も採用されるが私的にはストラトはメイプルのほうがかっこいいと思う。

現行品は塗装もガッチリでまず汚れることもなさそうだが古いものは確かに塗装がはがれ汚れていて、またそれがかっこよかったりするのだが、それにしてもヴィンテージの500万は高すぎる。

もともと量産目的のギター(ネックがボルト止めしてあるのがいい例)で職人のてまひまなどかかってないものにあの値段はやっぱり変だ。
c0197979_2383838.jpg

このストラト、もう一本のストラト『SRV』に比べ極端にボディーの鳴りが悪い。

しかも重量も結構重め(レスポール程ではないが)で基本的に全くの別物と考えている。

ただ唯一『SRV』の弱点は最終が21フレットであること。

今バンドのレパートリーに22フレットの1音上のE音がほしい曲が数曲あって『SRV』では1音半引っ張り上げなくてはならずピッチを合わせるのが正直しんどい。

ギターはこのE音(ミ)基準にできていて(最低音がEというだけでなく倍音の関係もあって)この22フレットがあるのとないのでは大違いなのである。

今週の練習はこのメイプルストラトで行く。
by soumei-a | 2009-03-25 03:16 | ギター&BAND