カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

山陰歴史街道

この三連休は城崎温泉に一泊旅行に行ってきた。

雑誌やテレビでちょくちょく登場する城崎温泉。

文人墨客が愛したというこの温泉街に一度行ってみたいと思っていたが距離がそこそこあるので一泊でゆっくり楽しみたい。

そこでこの三連休を利用しようと考えたわけだがやっぱり繁忙期になり空いてるお宿が少ない。

それでもなんとかお宿を予約できて晴れて城崎温泉旅行へ!

もちろん温泉直行ではない。

まずは昼食に出石と言うところに立ち寄る。

c0197979_1971768.jpg

かつての城下町で古い街並みが残るいい雰囲気な場所。
c0197979_199278.jpg


c0197979_1994721.jpg


c0197979_1910621.jpg

ここ出石はなんと言ってもソバ!

出石そばを食べなければいけないのである。

もちろん下調べして訪れた蕎麦屋さん『近又』へ。

c0197979_19124398.jpg

すごい行列だった・・・。
c0197979_19142017.jpg

だいぶ気温が下がったとはいえ昨日まで夏日なんて騒いでいたこの10月。

やっぱり炎天下では暑い!

しばらくすると順番が。(わりと回転は速く助かった。)

お待ちかねの出石そば。
c0197979_19164874.jpg

出石そばの特徴はこの小皿で出される。

そして生卵と、とろろをつゆに混ぜる。

一人前で5皿。

このお店では30皿で『蕎麦通』の称号をもらえる。

はっきり言って余裕だがここで無理して後が台無しになっては仕方がないのでここは適度の二人前。

蕎麦の薫り高く美味しゅうございました。

腹を満たしていよいよここから城崎へ。

城崎到着!

c0197979_19261113.jpg

浴衣女子も闊歩するステキすぎる温泉街♪
c0197979_19264670.jpg


c0197979_19271932.jpg

お宿は桂小五郎こと木戸孝允が幕末期に潜伏していたという歴史深い宿『つたや』さん。

素朴なつくりの宿だ。
c0197979_19314163.jpg

本館に泊まりたかったがあいにく満室で泊まったのは向かいの別館。
c0197979_19324310.jpg

古い造りだが手入れが行き届いており街の雰囲気ともベストマッチ。
c0197979_19334927.jpg

ここ城崎はお宿の温泉もありだがやはり外湯。

七ヶ所ある外湯をめぐるのが城崎の楽しみ方である。

一の湯。
c0197979_1938915.jpg

地蔵湯。
c0197979_19394550.jpg

・・・と七つ全部紹介するのは面倒なので割愛させていただきます。

とにかくどの温泉も魅力的なのだ。

夕食前にさとの湯、地蔵湯、一の湯と三ヶ所回る。

そして宿で夕食。
c0197979_19432752.jpg

日本海の海の幸をいただいてまた外湯めぐりの為夜の城崎温泉街へ。
c0197979_1945533.jpg


c0197979_19483613.jpg

夜の城崎もロマンチックだ。
by soumei-a | 2013-10-12 18:53 | 大坂の陣