人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メイプル指板のストラトキャスター

学生時代後半にメインで使っていたストラト。

フェンダーUSAのスタンダード。

メイプル指板が弾きたくて購入した。

もともとストラトキャスターはメイプル指板のギターだったが塗装がはがれて汚れが目立つという理由からその後ローズウッドなどの指板も採用されるが私的にはストラトはメイプルのほうがかっこいいと思う。

現行品は塗装もガッチリでまず汚れることもなさそうだが古いものは確かに塗装がはがれ汚れていて、またそれがかっこよかったりするのだが、それにしてもヴィンテージの500万は高すぎる。

もともと量産目的のギター(ネックがボルト止めしてあるのがいい例)で職人のてまひまなどかかってないものにあの値段はやっぱり変だ。
c0197979_2383838.jpg

このストラト、もう一本のストラト『SRV』に比べ極端にボディーの鳴りが悪い。

しかも重量も結構重め(レスポール程ではないが)で基本的に全くの別物と考えている。

ただ唯一『SRV』の弱点は最終が21フレットであること。

今バンドのレパートリーに22フレットの1音上のE音がほしい曲が数曲あって『SRV』では1音半引っ張り上げなくてはならずピッチを合わせるのが正直しんどい。

ギターはこのE音(ミ)基準にできていて(最低音がEというだけでなく倍音の関係もあって)この22フレットがあるのとないのでは大違いなのである。

今週の練習はこのメイプルストラトで行く。
by soumei-a | 2009-03-25 03:16 | ギター&BAND